2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山陰の旅 | トップページ | 相馬 岩の子 »

山陰の旅

3日目 天橋立 

Meru 076 Meru_2

天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6キロメートルの砂嘴(地学上では砂州)である。また、

それを展望できる傘松公園なども含めた総称とする場合もある。一帯には約8,000本の林が生え、東側には

白い砂浜が広がる。砂嘴の幅は20メートルから170メートルに達するところまである。

人が逆さになって見ると、天に架かる橋のように見えることからこの名がついた。北側の傘松公園から「股のぞ

」で見るのが名称の由来でもあり、伝統的に美しいとされている(この眺望は、「斜め一文字」と呼ばれる)

    余部鉄橋(兵庫県)

余部橋梁(あまるべきょうりょう)とは、兵庫県美方郡香美町香住区(旧・城崎郡香住町)余部、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線鎧駅 - 餘部駅間にある橋梁(単線鉄道橋)で                                       

ある。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

073余部鉄橋  Meru_3

     姫路城Meru_4

« 山陰の旅 | トップページ | 相馬 岩の子 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081172/36804049

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰の旅:

« 山陰の旅 | トップページ | 相馬 岩の子 »