2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

今 庭に咲いてる花です

         今日は珍しくポカポカの暖かい天気になり、気持ちまで良い気分です。

 小さな庭にもこんな花が咲き始めています。

 デジカメで下手なながらも映して見ました。

040 029

ようやく水仙の花が咲きだそうとしています。   南天の赤い実がまだなってます。



003004


      冬の寒い間咲いてました。  本当の名前は何の花なんでしょうね

023 010

 

     梅の花はまだつぼみのようです。        庭の隅にふきのとうが出てました。

033 041



チューリップの芽がやっと出てきました。      黄色い花が咲くときれいですね。

038 037


      玄関先に植えてあります。寒かったのできれいに咲いてくれませんね。

042 043_2


             家の中の日当たりのいい1等席においてあります。

  そのうち小さな畑のまわりをみて雑草を探してみようと思っています。





待望の新校舎が完成

             東日本大震災で被害を受け使用不能となったH小学校

         子供たちはこの1年間 3校に分かれて分散授業を続けてきました。

                   3月1日ついに待望の新校舎が完成

036_2

            外回りは工事中ですが、市民に公開され見に行ってきました。

022 021 035


正面玄関で伊達組子で作られupwardrightは前の学校のポプラの木を利用し、思い出を残しました。

003 006


            1,2年生の教室を見学、掃除の真っ最中でした。

004_3 013

       廊下にはミニ図書館が作られ、自由に本を読む事ができます。

009_3 014 010_4


         低学年の教室脇にはアルコープと呼ばれるカラフルな小部屋があります。

         upwardright廊下の脇には先生方の話合いスペースが設けられました。

031_3 030_3 024


   多能的スペースを確保         誰でも使えるパソコン        調理室

019 020


市民協働の空間を設置(市民が利用できる講堂を作り学校と地域をつなぎ、地域コミュニテ

ーの中心となる施設を目指しています。300人収容できるそうです)

隣には音楽室があり市民も使えるようになってます。木のぬくもりとやわらまな日差しを感

ながら学べる新校舎はみんなの憩いの場でもあります。

026

    体育館   (大アリーナ) と名付けられました。 

       3月23日 ここで6年生を送る卒業式が行われました。

  027 038

      2階にプールが2つあります。         学校終了後の児童館です。


      市内最大のマンモス校H小学校(児童768人)が学んでいます。

        ちなみに  総事業費は43億円   敷地面積 25、968,10㎡ 

 










原画展とコンサートへ

              去る3月17日 挿絵原画展を見に行きました。

012   001


       昨年2月まで新聞に載っていた小泉武夫さんの連載「夕やけけ小やけで陽がの

       ぼる」の挿絵を担当した酒井 昌之さんの原画展が梁川美術館で開かれた。

008

 

  004 002



       昨年4月に催す予定が震災の影響で延期していました。

     挿絵も福島県の豊かな自然 生活をほのぼのとしたタッチで描き評価されました。

  009 010


        飯坂十網橋 里芋 弁天小僧 あんぽ柿の作品が並んでました。

 003_3 005_2


      雷門です 

 007_4

 

              実際に見るときめ細やかに描かれています。

  006

 

   その日の五時半から  復活 ! !

        ありがとう「絆」コンサート     市民ッセンターで行われました。

  005_3 008_2

    主催者の方のあいさつです。

  ~皆さんの笑顔にあいたくて~

      2009年のファイナルコンサートから2年。

      こういうかたちで復活できるとは思いませんでした。

     2011年3月11日、あの東日本大地震。 地震 津波 放射能 風評と私たちの生

     活は激変いたしました。そんな中わたしたち活動の原点でもあった「絆」がクローズア

     ップされました。みんな元気かな? みんなに会いたい みんなで笑いたい   

     そんな想いをもって今回のコンサートを実現することができました。

     まだ 不自由な避難生活をされている方も多くいる中、音楽を通して少しでも元気に

     楽しくしていただければ幸いです。

 

       市内の2つの中学校の吹奏楽部 ガールズアンサンブル アンチャンズによる

              演奏は AKBの    「会いたかった」

   その他に

               アンパンマンのマーチ  さくらさくら  負けないで

               フライングゲット 上を向いて歩こう ふるさと

           心にしみる音楽を聞いてみなさん元気を貰った気がいました、

 ちなみに中2の孫も演奏に参加しました。

ピーチカレッジ (茶道教室)をして

            日になりますが地域に婦人学級があります。別名 ピーチカレッジ

            呼んでます。私たちの住んでるところはもも産地で有名です。

            そんな理由でピーチカレッジと名付けました。

            今年度最後の学習は茶道のお稽古です。

   001   002


   学級生27名ほど参加しました。着物を是非と言われましたが寒いせいか普段着で

   お茶をいただきました。足の悪い方も坐ってます。

 007  010



 003_3 005_2

  みなさん楽しそうに和やかな雰囲気で、初めての方も戸惑いながらも、お菓子をいただ

  きながらお抹茶も味わってました。

 

 004 013


           
今日の先生は宗偏流 武藤宗依先生でお弟子さん3人も見えました。

 お茶の歴史

   鎌倉時代   栄西僧が中国寄り種子を持ち帰る

   安土桃山   千利休が茶道を確立

   江戸初期   利休の孫宗旦より宗偏の流祖 山田宗偏が奥義を伝授される

   現在      11代幽々斉家元[鎌倉)

      ※    家元邸にある 止観亭茶室は数寄屋建築で国の重要文化財であります

      ※    宗偏流の茶は千利休正伝 宗旦の質素簡明を第1とした精神を今に伝

           える真の侘び茶です

 012 008 014


          4人の方々がお茶をたててくださり美味しくいただきました。

016

    015

      お茶のお稽古が終ったあと、別な部屋に移動して学級終了式が行われました。

 

     公民館長さんより、終了証書がひとりづつ渡されました。

 

     年7回の勉強ですが、今回は5回だけの出席でした。今年度も引き続きこの学級に

 

     入っていろいろ学び、友達の輪を大切にしていきたいと思ってます。






スルム会の総会

         3/14中央公民館にてスリム会の総会があり出席しました。

           総会の前に市の保健士さんの講話があり「血管を守る大作戦」に

           ついて勉強をしました。保健士さんは男の方で市では初めての方

           だそうです。

       血管を痛むことで発症する脳卒中 心臓病 糖尿病合併症 腎臓病など 

       の話をくわしく説明してくださいました。

 

002  001

 若い保健士さんです。      会員40名ほど出席しました

      血管を守るための作戦       ① 自分の身体を知ろう

                            ② 食生活

                            ③ 運動

                            ④ 禁煙

                            ⑤ 休養

                            ⑥ 健康推進課を活用しよう

     たくさんの事を学びましたが書ききれないので省きます。

    ここで少しの時間ですが軽い体操をしましたので、これから実行していきたいと

    思ってます。講話が終わった後 総会をしました。

      活動報告 会計報告をし、24年度の計画を班ごと決めました。

      最後にみなさんとのお弁当の時間 これが楽しみなのかしら?

 006 007


         ごぼうの混ぜご飯 サラダ 煮もの 大根の酢もの ほうれん草の卵焼き

004 005_3

中央公民館の駐車場の端に放射能を計るのがあります。

   今日はどのくらいでしょうか・   0.406マイクロシーベルトでした。


009

    スリム会を終えて帰りながら、いつ普通の元の生活に戻れるのかしら?と思いながら

 

    家につきました。帰る途中の川を映して見ました。

012 011


         川は何もなかったかのように静かに流れていました。


 

あれから1年(東日本大地震)

    昨年の3月11日 午後2時46分 東日本大地震から今日で1年を迎えました

     巨大地震と大津波に加えて福島第1発電所の原発事故が本県を襲いました。

昨年の新聞です。025

023

024

 

   upwardright この日から1年間私たち福島県民は、どんな気持ちで生活していたのでしょうかsign02

 いまでも放射能線量にびくびくしながらの生活です。16万人の人たちが、県外に避難

 している現状です。特に若い人たちは子供を連れて山形、新潟、長野、埼玉など・・・に

 避難し、いつ故郷に帰れるか計り知れない悩みを持って生活しています。

今日は各地で東日本大地震の追悼式が行われていました。天皇陛下 皇后さまも出席さ

れ、1分間の黙とうをし、お言葉をいただきました。あらためて犠牲者の冥福をお祈りしたい

と思います。

027

今 放射線量が高いところでは除染作業が行われつつあります。その廃棄物をどこに貯蔵

するか問題になってます。その町 地域で困った問題がおこりつつあるのが現状でしょう。

何年先になるかわかりませんが、今まで住んでいた町に戻って当たり前の生活ができる事

に希望を託して行きたいですね。

私は昨年の3/11は家に居ました。地震の後すぐ散らばった家の中をデジカメで撮りまし

てすぐブログに載せました。  今日の地震(クリックしてね)いろいろ思い出します。

昨年末には壊れた屋根も、倒れた塀も直りましたので普通の生活に戻ってます。

  012


           何もなかったかのようにピンクに染まった花が咲いてます。

              

厳島神社 「つつこ引き祭り」

            約280年前の伝統を誇る伊達市の厳島神社の奇祭

          「つつこ引き祭り」が3月4日 町内でくり広げられ、多くの

          見物客が訪れました。

012 005


  島神社は私の家より五分のところにありますが、花火を聞いて初めて行って見ました。

 

008 007 006


 境内の中を映して見まし013た。010


003 002 004


神社の中をなかなか撮ること出来ませんでしたが、やっと写したのがupwardleftupwardright これです。

若衆が神社にお参りして、つつこ引きに出発です。出発の合図の花火がなりました。

014 019


つつこ引き祭りは毎年3月第一日曜日 厳島神社から4丁目~7丁目にかけて行われ、約

800束のわらを使い祭礼前日氏子たちが作り上げ、中には2升のおこわを入れ、これを引

きあううちに餅に変わり、宮司の手によって参拝者に配られる。長さ3m 直径1,5m 重さ

800Kでこのわらを持ち帰り、神前に捧げられる。

024_3 023_3

寒風の中 裸の男たちがつつこ引きあう勇壮な姿は県の10大奇祭に選ばれています

030_4 028


 町の中をの様子です。 つきたての餅は食べませんでしたが、美味しかったでしょうね!

027   029


      この日は遠くに蔵王連峰が見えましたよ。

  今年のつつこ引き祭りは天気に恵まれました。でも前日と次の日は大雪でした。












娘の家でのひな祭り

     きのう 3月3日はひなまつり で娘の家にお呼ばれしました。

         娘には14歳と2歳の女の子がいますので、雛段を飾ってました。

002   006


この雛段は長女 次女が、小さいときから我が家の床の間に、毎年かざってやりました。

1昨年までは私の家でしたが、昨年から娘の家に飾る事になり、出し入れをしなくてとても

楽になり、ほっといています。孫たちも喜んでいるようです。

003 005


ひな祭りは古くは弥生の節句の呼び名があり、女の子がいる家でこの時期に、ひな人形を飾り、白酒や桃の花をそえてお祝いします。

007 008

            手づくりのお料理が並びました。

013_4 010_2




 011_2 014_2


   娘がいろいろと作ってくれ、娘の家族 私たち夫婦 なごやかにひな祭りを祝いまし

   た。 孫たちのすこやかな成長と災厄よけを願うよう祈りました。

        短い時間でしたが楽しい時間を過ごし、満喫して我が家に帰りました。
 

 

ぼたん雪が降りだしました

      日中はどんよりとした曇り空でしたが、午後になって雪になりました。

   3月になったと言うのに珍しいです。いつになれば春が来るのでしょうかsign02

002

        ぼたん雪のようですこの目で見ると2センチくらいの長方形の形に見えます。

003

                  大きな雪に見えると思います

 001

 

  ぼたん雪とは上空で多数の雪の結晶が結合して、数ミリ程度の魂状に成長して降りた

  雪で あります。気温が比較的高い時や、湿度が高いときに降りやすいです。

  粉雪にくらべて積もりにくく、水分を多く含むので厄介でもあります。

 

   007_2 005_3


  遠くの家まで雪の様子を映して見ました。     庭の中です。

006_2 008_3


 はっきり撮れてないのが、残念ですが、私の腕はこのくらいでしょう?

   寒い冬も終わってもらいたいものです。明日はひな祭りだと言うのに!

           018975m1


  





« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »