2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 厳島神社 「つつこ引き祭り」 | トップページ | スルム会の総会 »

あれから1年(東日本大地震)

    昨年の3月11日 午後2時46分 東日本大地震から今日で1年を迎えました

     巨大地震と大津波に加えて福島第1発電所の原発事故が本県を襲いました。

昨年の新聞です。025

023

024

 

   upwardright この日から1年間私たち福島県民は、どんな気持ちで生活していたのでしょうかsign02

 いまでも放射能線量にびくびくしながらの生活です。16万人の人たちが、県外に避難

 している現状です。特に若い人たちは子供を連れて山形、新潟、長野、埼玉など・・・に

 避難し、いつ故郷に帰れるか計り知れない悩みを持って生活しています。

今日は各地で東日本大地震の追悼式が行われていました。天皇陛下 皇后さまも出席さ

れ、1分間の黙とうをし、お言葉をいただきました。あらためて犠牲者の冥福をお祈りしたい

と思います。

027

今 放射線量が高いところでは除染作業が行われつつあります。その廃棄物をどこに貯蔵

するか問題になってます。その町 地域で困った問題がおこりつつあるのが現状でしょう。

何年先になるかわかりませんが、今まで住んでいた町に戻って当たり前の生活ができる事

に希望を託して行きたいですね。

私は昨年の3/11は家に居ました。地震の後すぐ散らばった家の中をデジカメで撮りまし

てすぐブログに載せました。  今日の地震(クリックしてね)いろいろ思い出します。

昨年末には壊れた屋根も、倒れた塀も直りましたので普通の生活に戻ってます。

  012


           何もなかったかのようにピンクに染まった花が咲いてます。

              

« 厳島神社 「つつこ引き祭り」 | トップページ | スルム会の総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東北三県に壊滅的な被害を出したあの震災の日から一年が経ちましたね。
津波にやられてもうこれ以上失うものがないという被害者の方々は前に向って進むしかないでしょうが
原発被害に見舞われた福島の方々は、前に進む事もできずに苦しんでおいでだと思います。

原発から180kmも離れた所に住んでいる私でさえ、1年前の震災のすぐ後は放射能の恐怖を感じましたよ。
計画停電・物不足と、今まで経験した事のない日々に翻弄されました。

まして現地の方々は大変なご苦労が、今でも続いていると思うと胸が切なくなります。

当日撮られた被害の状況も拝見させて戴きました。
ブロック塀が倒れて、あそこに人がいたらと考えるとゾットしますね。
ご家族の皆様はお怪我はありませんでしたか?

行き先見えない原発事故、今後どうなるのか?見守る事しかできないのが残念です。

kiki さん こんにちは。
大変なご経験をなさいましたね。
遠くに離れている私も、あの日のことは忘れません。
いつまでも続く不安、1日も早く落ち着いて暮らせますように
心から願います。
貴女様のご家族にお障りなく幸いでございました。

naoママさん
 早いものでもう1年が過ぎました。
今日の青空を眺めてますと、何もなかったのように白い雲が流れています。

昨年の今日は原発事故の話題で大変でした。何が起きたのだろう?
だれしもが初めての経験ですので何も解らないまま、時が流れて行ったような
気がいたします。あの時は水道も出ないしこんなに水が貴重だとは思いも
よらずでした。ちょうど雪が降り、その雪を溶かしてトイレに使おうかとバケツに
入れましたら、家族に言われその雪は放射能がいっぱい入ってるんだよと
それもわからずでした。恥ずかしい限りです。

私の所は60キロですが風が北西に吹いてまともに、飯館村 そして伊達市と
被害に遭いました。それからが戦いでした。。
いまだ収束はしたと言ってますが、何も進んでいないのが現状です。

とにかく健康で幸せに生活できたらいいと思っています。
  今回のコメントとても嬉しかったです。

hiroさん
 1年過ぎること早いですね。昨日のように思い出されます。
でもあの時 私は庭に出て木につかまり、上を見ていたら瓦がまともに
落ちてきまして、本当にびっくりしました。
今は瓦 壁 塀も直しまして一安心してます。
 4月で古稀を迎えますので、これから先、平凡でいいから健康な生活を
望んでいますの。幸せでありますよう祈るだけです。
 いつもやさしいコメントありがとうございます。

去年の新聞とってたんですか?
かたずけもお上手なんですね~。

あの頃は何をしていいかわからず、テレビに映る映像にくぎ付け、
暫くして放射能騒ぎ、パソコンで調べているうちに、ある人のブログから、
アメリカ、フランス、ノルウエーの真っ赤に染まった日本地図をみつけました。

それから毎日パソコンで調べました。でも怖いことはわかりましたが、私には難しいことは、
解りませんでした。
ただ、政治家、報道者は本当のことは、云わない事だけ解りました。
今「運命の人」 やってますよね~。あんなものなんだと・・・・。
自分で考え出来る事をして、生活するしか、ないんですよね~。

去年の新聞とkikiさんのブログと見せていただきました。
当時家の中もひどい有様になってしまったのですね。
遠く会津でさえ、あの揺れでしたもの
後片付けも大変だったでしょうね。
ずいぶん怖い思いをされた事とお察しします。

あれから一年、長い様で短い様で
どれだけの復興が成されたのかと思えば
先日のテレビでは原発近くは当時のままでしたね。
その様子を見て切なかったです。
また目がいたくなるくらい泣けてしまいましたよ。

ひまわりさん
  おはようございます。
早いものですね1年は・・・いろんな事があり過ぎてそれに
どう接してよいか悩みました。
でも私なりに前向きに進もうと思いそれを実行した様な気がします。
これから先 まだまだ 解決してませんので早く元に戻していただきたいと思います。
今日はこれからⅠヵ月1回の検診です。
その後 スリム会の総会が中央公民館でありますので行く予定です。
  今年も楽しく過ごしましょう!

kikiさん
昨日はお電話ありがとう、お元気な声が聞かれとてもうれしかったです。
震災から一年、福島は原発事故で、先が見えぬ日々の暮らしで、どんなに大変な
ことかと案じていますが、どうすることもできず、おります。
これからの世代をになう子供達の健康が心配ですね。
恐怖におびえての暮らしの中でも、kikiさんの前向きな生き方を見ていると、私の方
まで元気ずけられます。
 私の方は、津波にi遭い家の形は残ったものの、家電,家具そしてアルバムなどの
思い出の品までも無くしてしまいましたが、家はリフォームで再建でき、元の生活に
戻りました。今度お会いして、ゆっくりお話ししましょうね。


pochikoさん
1年が 過ぎましたね。でも福島浜通りは何の変わりはなくとても
気の毒に思います。私の市にも飯館村から避難した方々が仮設
住宅に大勢います。
先日のつつこ引き祭りの時、避難していた方とお話出来ました。
このお祭りを見て元気が出たと言っておられました。
毎日家の中にいて、どこも行くとこなし、有名なお祭りがあると聞いて
見に来たそうです。ゆっくりお話したかったのですが、次の予定が入ってたので
そこで別れました。自分の家に少しでも早く戻れる事を祈ってます。

でこぽんさん
 昨日は元気なお声を聞いて安心しましたよ。
でこぽんさんこそ大変な1年でしたよね。海からあんなに離れているのに
津波が来るなんて、だれが想像できたでしょうか?

いろんな大事なものを失い、その時の心の中ははかれ知れないものがあった
ことでしょう。それなのに半年以上の避難 でもお家も綺麗に直され、ほっと
しました。お手紙の中の写真 貴女の手作りのつるし雛 押し絵などお部屋
いっぱい飾り とても素敵な部屋でしたよ。
  今日もお天気になりひと雨ごとに春がやってきています。
   そのうちお会いしましょうね。  楽しみにbud

こんばんは

コメント遅くなってすみませんでした。

大変な地震から1年たちましたね。
去年のブログも見せていただきました。
すごかったようですね。
怖かったでしょうね?

私の住んでいる大月市でも長い時間揺れていました。
余震もたくさんありました。
kikiさんのところはさぞ怖かったと思います。
良く写真まで撮影されましたね。
塀も倒れたんですね。

テレビでいろいろ見ていますが、本当に怖い地震でしたね。
1日でも早く復興される事を祈っています。

花音さん
 こんにちは 今日は風がなく春の天気です。
ようやく震災から1年が過ぎました。
福島第1発電所近くの浜通りは何の後始末もされていません。
警戒地域になっているため、入れないんですね。
 未だ 子供たち 若いお母さんは心配がいっぱいあるみたいです。

地震のため小学校が分散して違う学校に間借りしてましたが、
ようやく新しく学校が出来ました。
モデル校にしましたので、公開が始まり午後から見に行きます。
 わたしの所から5分の所です。
  花音さんのブログいつも訪問されていただいてます。
   写真すばらしいの一言です。

kikiさん、こんにちは。
時間はどんどん流れるのに、復興の足並みの何とゆっくりしたことか。
郡山市役所はまだ壊れたままです。
図書館が今月ようやく再開し、文化センターも4月に再開予定です。
kikiさんの昨年のブログを拝見しました。我が家も同じような状況でした。
でも本当の怖さはその後でしたね。
テレビの画面で連日報道される津波、東電福島第一原発の水素爆発・・・
原発事故が、福島県の復興を妨げているのは本当に残念なことです。
非難されている方々に、一日でも早い日常生活が戻ってくることを祈るばかりです。

mintさん
 こんばんは  もう1年が過ぎたんですね。
 
今年の3/11は何をして過ごそうかと思いながらあの時間はやっぱり
テレビの前に座ってました。いろいろ思い出しながら・・・・
それにしても浜通りはそのままですよね。
  避難して仮設にいる方はいつ帰れるのか・・・ 
はっきりしないのも気の毒です。
 郡山も公共建物など被害にあっているんですね。

市内の校舎が使えなくなって3つの学校に分散してたのが、
ようやく新しく学校が完成し、今日見学してきました。
 子供たち喜んで掃除をしていました。
 嬉しかったんでしょうね。

 こんにちは。
あの3月11日は、東京、立川の古いビルの5階で和裁のお稽古でした。
まるでビルが倒れるのではないかと思うぐらい、ギシギシと不気味な音をだし、
揺れていました。
東京でこれだけなのですから、福島はさぞや怖ろしい揺れだったことでしょう。

昨年の写真をみせて頂きました。倒れた塀、ぞっとしました。
誰もけが人が出なくて本当によかった!
今の生活に戻るまでkikiさんも大変でしたね。

原子炉4号機は工事ミスがあったので、燃料棒は無事だったとの事、
そして今も1~3号機は決して油断できない状態との事、
何とか早く解決してほしいと思いますが、まだまだ時間がかかるのでしょうね。

家族、家を失った方、そして放射能から避難された方!!
何とか力を持続して、めげずに生活を再建されますよう願っています。
大変な一年でした。

所でkikiさん、古希でいらっしゃるのですか?
いろいろな事に興味をもたれて、お若いです。私も見習わなくては♪

銀河さん
 sign04コメントありがとうございますsign04
早いもので大震災から1年が過ぎたんですね。
私の住んでる伊達市は北西の風でまともに受けてしまいました。
60キロも離れているのに、本当に放射能は怖いですね。

銀河さんは立川にいたんですね。
20年前になりますが、次女が立川にある大学に行ってましたので
何回か行きましたよ。
でも昔ですのですごく変わっているでしょうね。
あのころは私も若かったですよ(笑)
 4月3日で古稀を迎えます。突然歳をとったみたいですー・・・
でも気持ちだけは若いんですよ。
   今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081172/44456075

この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年(東日本大地震):

« 厳島神社 「つつこ引き祭り」 | トップページ | スルム会の総会 »