2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

日和山(石巻市)~柳津虚空蔵尊に行ってきました

    南三陸町を後にしてバスは津山町へと走り、細い道路に入り、次の見学地

    柳津虚空蔵尊に向かいました。途中 秋田から来た観光バスと出合いましたが

    道路の狭さに運転手さん達は大変苦労しました。  bus

038 027


          案内の看板が出ていました。(クリックすると少し大きくなります)

029 028

      upwardright が柳津虚空蔵尊(真言宗)で入るや庭がすごく綺麗になっていました。

      ここは日本三所のひとつで福島の会津 山口の柳津にあるそうです。

032 034_2 039

境内の中です。この牛さんに身体の悪いところを触って、自分の悪い所にさわると良く

なるそうですよ。おみくじも祈りを込めて木の枝に縛ってありました。

037_2

          はっきり写すことが出来ずクルックしてみてくださいね。

     次にバスは石巻方面にと向かいました。

040_2 045_2


日和山に登って行きました。道路は意外と狭く、津波は来た時はあんな大勢の人たちは

どんな思いで登ったのでしょう?時間との戦いだったのでしょうね。

044 043


 日和山から見た海は穏やかで津波のことなど嘘の様です。神社に皆で手を合わせまた。

                             [それぞれの思いを込めて)

046_2

 石巻は南三陸町よりは復興が

進んでいました。大きな工場も

操業してましたし、町全体が少し

け明るく感じました。

実際に行って見て一年もたってい

るのにどうして?

そう感じた視察でした。

早い復興を願ってます。




040


045







南三陸町(宮城県)を視察して

     10日ほど前[6月15日)になりますが、私の住んでる町 H 町日赤奉仕団46名

     参加のもと 宮城県の南三陸町 石巻市を訪れました。

     ここは去年の3月11日の東日本大震災によって思いもよらない津波によって莫大

     な被害を受けた所です。5月には相馬市~亘理町をみてきましたが、その時でさえ

     ため息をしたものの、この三陸町に足を入れて言葉も出ませんでした。

010002


   何枚か写真を撮ってきましたので見ていただきたいです。

006 005_2 007_2


    南三陸町の町の中です。

 009_3 008_3

     あの日から1年3ヵ月がたっているんですが、このような状態なんです。

011

ここが防災対策庁舎です。ここに勤めている女子社員がこの3階で津波の押し寄せてくる

様子を最後まで放送していた所です。説明してくれた町の方の話を聞いたいるだけで皆は

涙 涙でした。町の人たちは放送をやめて逃げてくれと叫んだそうです。

自分の仕事を全うさせて亡くなりました。お花がいっぱい置いてありました。ご冥福をお祈り

したくく皆で黙とういたしました。

012 013


  復興支援が今回の目的なので、プレハブで作った商店街に車は移動しました。

   右の写真の杉の木を見ると茶色になってる位置まで津波がきたそうです。

   お買い物をしてからお食事処 ホテル海洋に行きました。

016 017


 023  025_2

  朝7時に公民館を出発して高速で

  南三陸町まで3時間かからず便利に

  なってますが、復興はまだまだ先のよう

  に感じられました。

 福島もそうですが、早く何とかしてもらい

 たいですね。






 

  



















我が家の庭にも花が咲きました。

         台風も去って何の被害もなく安心していますが、皆さんのお宅はどうだったで

          しょうか? 5月末~現在 庭に咲いてる花を撮ってみました。

001 003


  
 私の住んでる所では鉄線と呼んでます。上の方まで伸びず下の方だけが咲いてました。

007 006 012_2

  庭の東側に咲いていた花です。ナデシコは切り花にしてガラスコップに挿してます。

013_4 016_3

  
                           玄関先に咲いている花です

003_2 004


  
 ダリヤの花   小さいながら頑張って次から次へと咲き続けています。

002 005 009


       
ネバリ草は庭のあっこっちに手当たり次第に増えて困ってます。

017 022


   
 ミニバラがこんなに咲いてます。 キボウシの中にゆりが顔を出しました。

024 024_2 014


 ツツジは1本の木から白と赤が咲きだしてます。どくだみ草も負けず劣らず咲きました

011 023


  ボケの木に実がなりましたよ。            庭の中のツツジがまだ咲いてます

        紫陽花が咲くころには庭も賑やかになると思います。

        5月末から6月に咲いた我が家の庭の様子でした。


初めての野さいを収穫しました

       いよいよ東北地方も梅雨に入りました。久しぶりに小さな畑に行ってみると

      少しばかりの野菜がなってました。 

    002 010


玉ねぎの苗を植えたばかりの頃の畑です。     葉っぱの先だけをつまみました。?

011
きゅうりは6本植えました。今日は4本の収穫です。ナスは5本植え3本の収穫です。

タマネギは茎がまだ倒れてないので取るのは早いのですが1個だけとってみました。

しその葉は畑一面に増えて困ってます。この位大きくなったので取って見ました。

012 upwardright 016_2

 茎だちはそろそろ終わりですが、柔らかい部分だけ摘んでおしたしにしてます。

014 020


きゅうりはしそを入れて即席漬けにしました。  玄関に飾ってる花は畑に咲いてる花を

さりげなく活けてます。あまりにも無造作ですね。小さな畑ですが、楽しみにしながら生活

してます。


ケーキ作りの名人 Kさん宅へ

       先日お邪魔したKさんのお家を再び訪問しました。

    その前に車に乗せていただくNさん宅に行き余りにもお庭が綺麗なので写真を撮らせ

    てもらいdownwardrightの写真です。

001002003

    いろんな種類のバラがあり色それぞれに違い、ほっとする瞬間でした。

004005006

  今度ゆっくり撮らせてもらうことにして、友達4人でKさん宅に向かいました。

このお宅もお庭にいっぱいの花が咲いてました。まず玄関入るや紫陽花の花が飾られてあり

ました。

013_2 008


          玄関です               居間には水を差した器にさりげなく紫陽花

                               が活けられてあります。

010

     009 011

 今日のケーキはレアチーズケーキで底にタルトがひいてあり、とても冷たく上の飾りは

 いちご ラズベリー ブルーベリーがあしらえてあり、美味しくいただきました。

 ケーキを食べた後は場所をかえて、お煎茶を美味しく入れて下さいました。

012 018


外に出てお庭を見せてもらいました。東側には色とりどりのお花が咲いていましたが、新緑

のこの時季に眩しい程の緑が目を和ませてくれました。この次はいつになるのか楽しみです





























震災後の相馬市へ 




            東北南部も梅雨入りしました。これからじめじめした天気が続きそうです。

        東日本大震災から早1年3ヵ月が過ぎました。私の住んでる伊達市でもいろんな

        問題をかかえており、若い人たち 子供たちは他県に避難をされている方もいま

        す。先日テレビで磯部小学校(相馬)の取材をしていました。

        二女は相馬に嫁いでいますので、娘の案内で夫共々相馬方面に車を走

        らせました。

006 007

        この辺は霊山から玉野leftright相馬の曲がりくねった道路を走りました。

        新緑が清々しく、気持ちのいい空気を吸いながらのドライブ気分です。

 008_2 009


家を出てから1時間20分~30分 相馬市内を通って磯部地区に着きましたが、見る影も

ありません。ガレキの山です。

010 011 012

 震災から1年3ヵ月も経っているのに、このような状態なんです。何時の日戻れるのでしょう

014 017

      旅館が立ち並んでいた海の方に出て見ましたが、半壊のままになっていて

      言葉がでませんでした。(各種団体 趣味の会で食事に来てたもので)

020 022

  ここが良く行った杉の目旅館です。         近くの海に置き去りされている船です。

 026_3 029


 この橋のそばには、新鮮な魚料理を食べれる食事処がありましたが、見る影もありません。

032 034


新地は津波が来て電車2両が脱線したところです。今は何もなくガレキのままになっていて

余りにも無残です。1年が過ぎてこうしてこの地を訪れ、いまだに何もされず、野田総理の

あの言葉は何だったのでしょうか?福島を早く何とかして下さいと叫びたいです。

035 036



新地から6号線を仙台方面へと下り、亘理町の近くで美味しいラーメンを食べて、角田を通り

阿武隈川を左手に見ながら家に帰りました。  car house
















コンサート&音楽会の反省会

        先月15日に行われた小さな音楽会 20日に行われたももの里コンサートの反

        省会が6月4日に行われました。会員さんの都合もあり30名の参加です。

        教えていただいてる先生と伴奏をお願いしてる先生もお招きしました。

 036 031


 霊山の紅彩館は市で経営している施設でお風呂に入ったり、お料理を食べたり、お泊まりも

 できます。相馬市にも近く大震災前は、お客さんも多かったんですが、原発事故以来 客の

 出足が悪く市でも悩んでいます。どこに行くのも同じ、私たちの町にお金を落としましょう。

 と言うことでここに決めました。公民館までバスが迎えに来てくれました。

028 026 027


バスは40分で着きました。 会場の前に私たちの会の名前が書かれてました。

霊山は秋には紅葉がきれいで県外からも登山に来る人が多いところです。晴れている日は東には相馬市 西には吾妻連峰が見えます。霊山神社も有名です。

006 007

           おいしい御馳走がいっぱい並びました。

008 009_3 012


  お刺身         
 生麩 竹の子 ゆり根 の汁あんかけ      シャケとお豆

021_2 023_2


お食事の後 会長さんが歌のクイズを出してお遊びをしました。例えば段々畑 瀬戸と紙に

書いて何の歌?   瀬戸の花嫁 正解ならみんなでその歌を歌う仕掛けです。りんごの歌

ミカンの花咲く丘 夏の思い出 10曲ぐらいあてて楽しく合唱しました。

 030



    霊山讃歌が部屋の壁に掲げてありましたが、コーラス部員は誰もわからずでした。

   最後に音楽会で歌った浦のあけくれ 芭蕉布を歌って会を閉じました。

 

  032_7

       3時には迎えのバスに乗り込み満喫した1日でした。





032_6




032_4


032_3



032_2



025_3



032



025_2








023


021



014_4



014_3



014_2



014



011



009_2



009










いちごジャムを作りました

                  私の住んでる所は果物の産地です。

   もも りんご さくらんぼ 柿 すもも なし 巨峰 などが季節ごとにとれます。

              今はイチゴが豊富に出回っています。すぐ近くにイチゴ農家があり

              ジャム用のを買ってきまして作りました。

023 upwardright 021


    朝取りなのでとても新鮮です。           緑のへたを取り除きました。

024 upwardright 025


毎年作ってるので目分量で砂糖を入れてます。ホウロウなべがきれいな色に仕上がります

026_8 upwardright 027_2

こんなにアクが出てきますので、ボールに水を入れてしゃもじで何回もすくい取ります。

少しずつ右の写真のように煮づまってきます。この辺で絞ったレモン汁を入れます。

目を離さないで煮づまり方を見て、火を止めます。(かたまらないちょっと手前の柔らかい汁

があるうちに) その間に瓶を消毒しておきます。

031 032


に3本出来上がり、今回は粒を残してみました。冷凍庫に入れて食べたい時、少し前に平温にだしておきます。自分で作るパン ヨーグルトに添えて食べております。

秋保のらいらい峡を散策

     秋保温泉の2日目 ホテルのすぐ下を流れる名取川があります。

     両岸の絶壁を削りながら流れる名取川は、急にその川幅を狭め緩急ある流勢は

     紺碧の淵をうみだします。ここがらいらい峡です。

020 021

    ここから歩き始めました。       upwardright  坂を下っていくと岩肌が見えてきました。

025 029


027 028


滝がいくつかあり、けっこう高い所から、流れていますが、撮り方が上手く出来ませんでした。

035

 新緑の美しさに友達は慕っていました

023 042


037 043

藤棚の下 左下が川になっています。   upwardright 上に見える橋は覗き橋だそうです。

                        下に見える岩 滝をのぞきこむの意味だそうです。

046 044

   秋保石と呼ばれる奇石怪石は重なり合い奇面巌 猪飛巖などの奇勝を作っています。

030
この日はお天気も良く、新緑を見ながの散策、友達とのおしゃべりも楽しく、満喫した日々を

過ごし、ミニ同級会もあっという間の2日間でした。今度はいつ会えるか楽しみです。






























« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »