2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

春を探して ~  近所を散策




        このところ暖かい日が続いております。東北 北海道を除いては各地で

        花だよりが聞こえてきます。いつになったら桜が咲くのだろう?と思いながら

        家から一歩出てみました。

        梅の花が満開になっていました。

    015 008



             青空の下にみごと白い花が咲き、しばし見とれておりました。

019 018

   すぐそばにふきのとうが 顔を出してました。(天ぷらにしたら美味しいでしょうに!)

010 011


     ピンクの花を見つけました。        雪の下の花ですね。

027 029007


          畑のそばに紫の花が目につき、ムスカリーですね。

      私の畑にたどりつき、良く見て見ると雑草が多い事 これからが大変・・・です。

030 017


       水仙が咲いてたんです。 日当たりが良いからかしら?庭のはまだなのに!

021_2 020_2

  
      萎れた葉っぱの中にクリスマスローズが咲いてました。昨年頂いたばかりのです。

      まさか咲いてくれるなんて、嬉しかったです。榊の花でしょうか?蕾でしょうか?

023 024 025

      畑の中にはいろんな雑草の花が咲いていました。

026_3 031

何気なく雑草をみていると小さくて冬の寒さに耐えて、やっと花が咲きとても可憐にみえて

きました。踏まれてもふまれても耐えしのぎ、花を咲かしてくれるんですね。

     やっと待ちに待った春がようやくこの東北にもきた感じがいたしました。

   009_2


地元の婦人会(役員慰労会)に参加して

              昨日まで暖かだった天気がうって変わり、今日はどんよりと

                寒い日になっています。遅くなってしまいましたが、2月に

                 婦人会の慰労会の様子を載せたいと思います。

022 


  伊達市には4つの婦人会がありそのひとつ

  に私の地区の婦人会があります。

  会員数は191名です。

  その中から30名近くの方部役員さんと

  本部役員さんがいて会を運営しております

  す。その役員さんの新年会を兼ねての慰労

  会が飯坂温泉で行われました。

  私は顧問として招待を受けまして、参加し

  ました。upwardleftは飯坂でも有名な旅館です。

001 020

021 013

 この旅館は飯坂の奥にあって、茂庭からの綺麗な水の流れる川があり、河に沿って建てら

 れています。隋分前になりますが、天皇陛下 美智子妃殿下 皇太子 雅子妃殿下など

 もお泊まりし、皇室にゆかりのある旅館です。upwardrightの写真は宴会が始まる頃です。

 津軽三味線を弾かれる方がいて、別にお願いしてきていただきました。

014 019


 美味しい御馳走を食べながら三味線の音に聞き惚れていました。東北地方の民謡と

私たちの知ってる歌を自由自在に弾いて下さり、特に相馬盆歌 花笠踊りがうけたようです。

004

006007

008009

             
    私たち年代にはちょうどいい位のお料理でした。日帰りとしては満足の量でしたよ!

    満腹になったところで、皆さんお風呂に入り、私はそっとデジカメを持って行って

    人のいない時に写真を撮りました(実はハラハラドキドキでしたよ)

023 031

            入りくちで男女に分かれています。

025 026




029 028


川のせせらぎを聞きながら、雪見温泉 最高の幸せですね。10時から3時までの短い時間でしたが、バスの送迎があり、婦人会からの出だし金があり、役員さんの常日頃の労をねぎらい、今後の婦人会活動に協力していただけたら何も言う事なしです。



















空と地 ~散歩~

 

 このところ 暖かな日が続いてますが、空の移り変わりも毎日

          違って見えます。西の空はどんよりとし、花粉でしょうか・

          黄砂でしょうか・又 飛行機雲になったり、夕焼けがでたりと

          目にも忙しい眺めです。

   012

016 015


      晴れた日でした。 青空いっぱいに飛行機が飛んだ後がはっきりと見えました。

      何機飛んだかわかりませんが、線が交差しているのは珍しいですね。

004 006


買い物の帰り、西の空をみたら真っ赤に見え、自転車を急ぎ家に着くやデジカメを取って

すぐ夕焼けを撮りました。山に沈み加減でしたが、何とかセーフ まあまあかなー・

005 008


          暖かな日 暇つぶしに孫(3歳)と近くを散策しました。

015_4 017
  
       公園にてブランコで遊ぶ          フキノトウを見つけ春を感じました。

003_2 007_2


    公園のさくら(まだ固い蕾ですね)         りんご畑です

010 009

  
     庭のさざんカがようやく咲きました。         玄関に活けた猫柳と梅と桃

       もうすぐ春がやってきますね。さくら 桃の花いつ頃咲くでしょうか。楽しみです。

015_3


015_2

東日本震災から2年が過ぎて・・・

          昨日で東日本大震災から2年の月日が過ぎ、私の住んでる福島は?

  早いような遅いようなそんな日々を過ごしながら、2年が過ぎました。いろんなことがありま

  した。私がこの家で住んでいられるだけで幸せです。2年前の3月11日 午後2時46分

  忘れもしません。あの突然の地震 私はとっさに庭の木の下に駆け込み、主人は買った

  ばかりのテレビをおさえていました。地震が収まった後、デジカメで辺りかまわじ写真をと

  っていたんです。家の中は歩くとこもなし凄い混乱状態でした。片づけるでもなし、パソコン

  に向かってブログを作っている私がいました。どうしてだったのでしょう?

  あの時のブログをみると屋根の瓦 東側の塀 壁が1部 言葉がでないほどの被害でした

  でも浜通りに人達はそれ以上に津波 原発事故と大変でした。

  今もって 避難している家族 職を失った人 まだまだ解決していません。

             昨日の11日 友達に誘われて福島市の音楽堂にて

                 東日本大震災追悼 慰霊復興祈願法要・復興イベント

                    「音と祈り、未来へのひかり」

 に参加しました。その様子をまとめたいと思います。

001 025

004

   全日本仏教青年会主催で各宗の僧侶ら約170人 市民950人が参加して行われました。

今回初めてのことで、友達が大阪から整理券をとりよせ抽選に当たったとのこと、お誘いを

受けました。全国から集まった僧侶らが入り口で丁寧に頭を下げてみなさんを迎えて下さい

ました。

026 009


  

013 014_2
  音楽堂の中の様子です。(始まる前)     式がはじまり各僧侶らが並びました

015_2

              全員勢ぞろいです。

017 022



        坐女舞(浦安の舞)    誰もが平等にかつ、すみやかに往生できるお念仏

    018_4
     郡山出身の俳優 西田敏行さんも参加し、鎮魂と復興を祈りました。

    西田さんが出演する大河ドラマ「八重の桜」や映画「遺体」のエピソードを語り、

    「 自分がこれほど福島を愛しているということを、震災以降思い知らされた」と

     明しました。

         震災を受けた時刻 2時46分  全員で黙とうしました。

 021_2共に悼みます 失われた命を

 共に祈ります  別れた命の安らぎを

 共に忘れません  その輝いていた命を

 共に寄り添います  同じ命を生きる証に

   西田さんと全日本仏教青年会の理事長が「復興への歩みをあきらめずに

その後 パイプオルガン・コンサートがありました。



003 029


この音楽堂は音響が良く、大きなすばらしいパイプオルガンが備えられております。

演奏者は小島みね子さんで築地本願寺副オルガニストをしてる方です。

演奏曲はバッハ:幻想曲ハ短調 近藤 岳:うすくれない時 イマジン など・・

こういう復興祈願法要・復興イベントは初めてで、全国各地からの有名なお寺からの僧侶がこんなに参加されたこと事態驚きでした。今の所お寺は用は無いですが、一応曹洞宗のお寺は確保してあります。今日の復興イベントは私たち福島にとって大きな励みになったと思います。



007





 
023
 会場の入り口にこんな詩が掲げてありました。早い復興を望みたいです。

   



  

 




















日本の心 和の響き  ~そして我が庭にも春が~

       先日(3月3日) 伊達市の小学校体育館においてコンサートが開催されました。

                 それは「チャリティー学校公演 日本の心 和の響き」

                   会場には和製楽器の音色が響き渡りました。

                写真は禁止でしたので、始まる前の舞台とチラシのみです。

001 Warsabi_001



第1部は霊山太鼓保存会が勇壮な演奏を披露をしまして、子どもたちも大勢出ていて、すば

らしい太鼓の響きに圧倒されました。第2部は津軽三味線の吉田良一郎さん 尺八の元永拓

さん 筝・十七絃の市川 慎さん 太鼓 鳴り物の美鵬直三朗さんでつくるユニット「WASABI」

が出演。力強さと繊細さをもつ演奏を繰り広げました。早弾きなど高度な技を次々に繰り出し

来場者を魅了しました。子供達も飛び込みで太鼓 三味線 筝 尺八などの指導があり、大

笑いの場面もありました。相馬盆歌 ソーラン節 ?の子守唄 知ってる曲も演奏してくれて

聞いてる方も満足 最後は故郷を演奏して下さいました。

       Thumb_20130301154808_51304f282dbb51

    わが狭庭にも少しずつ春の足音が、近づいているようです。

003 005
  
天気が良かったので外に出しました。      雪が完全に溶けました。(クリスマスローズ)

008 011


    つつじなんですが、蕾もみられます。       水仙もやっと顔を出し始めました。

012 013


   雪の下で真ん中から芽が出てきてるようです。    何の花でしょう?

017 007



          

006

      梅の木も蕾をもったようですね。今年こそ食べられる梅であってほしいです。

      まだまだ小さい芽ですが何とか花が咲いてくれれば嬉しいです。

      明後日で東日本大震災から2年になります。各地でいろんな復興行事が開かれて

      いるようです。昨日の夜 9時からのNHKで福島の浪江町から中継していました。

         2年前の3月11日 時計が止まったまま 復興はされていません。

            早く戻れる状態にしてほしいですね。

 

















わが街  ~ つつこ引き祭 ~

       3月3日 毎年 3月の第1週目日曜日に伊達市の厳島神社(弁天様)において

     寒風の中 裸の男たちが勇壮につつこを引きあうつつこ引き祭りがおこなわれます。

     江戸時代中期から商売繁盛 五穀豊穣 無病息災 を祈る祭りです。

025 014


005 004

          境内の中にいろんな神様が祀られているようです。

003 002 008


012 015


境内の中と外にはお店屋さんがいっぱい出てまして、たこ焼き 鯛やきなど売れてました。

290年の伝統をもつ 奇祭つつこ引き祭りは、町内の4丁目交差点を中心に繰り広げ大勢の

見物客で賑わっています。

016 018


      四丁目交差点から神社に向かってくるところで、市長 議員さん達も参加してます。

020 021

023 022

はち巻きに下帯姿の若衆が花火の合図とともに1.5m 長さ2,5m 重さ800キロをこす大つつこ

(俵)を担ぎ神社から目抜き通りを練り歩きます。ふかした米を入れてあるので、帰る頃には

餅になっています。この餅を食べると縁起がいいそうです。

030 032

011

  ここの神社は私の家から5分くらいのところにあり、どこに行くにも必ず通ります。近くても

  この日はびわ湖マラソンと時間帯が同じなので余り見たことがなかったのですが、昨年

  始めてみまして、地元にも素晴らしい祭りがある事を知り、今年も行って見ました。

  お天気にも恵まれ良かったです。





























« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »