2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

つつこ引きまつり

            ブログを書き終わった後 消えてしまうので、今回は写真を少なく

             してみます。

       毎年第1日曜日に近くの神社で、つつこびき祭りが行われます。

001_3 003_3


この日は寒い中 小雨まで降っていましたが、大勢の人たちが見にきてました。

004_5 005_3


      クリックして観て下さいね。

021_edited1 014_4


寒空の中 裸の男たちが勇壮につつこを引きあいつつこびき祭りが行われます。

江戸時代中期から「商売繁盛 五穀豊穣 無病息災」を祈りふかしたもち米を入れてつつこを

引きあいます。つつこの藁を持ち帰ると縁起が良いと言われています。

032_3018_edited1_4


        016_2


大人から子供まで大勢の見物客で賑わいました。写真コンテストもあり、あちこちで撮って

いました。屋台も神社の外に何軒も出て大判焼き 焼きそば たこやきと大繁盛のようでした















那須塩原の紅葉

                 今日の気温は23℃ すごく暖かく風のない絶好日和です。

                  3.4日前のあの寒い日は何処へ行ったのでしょう?

       11月13日 那須塩原に行ってきました。紅葉はどうでしょうか・

                  飯坂インターから高速道路に入り、右手には山々が連なって

                  います。吾妻連峰 安達太良山 那須連峰 前の日の寒さで

                  山々は真っ白です。

042 040

     車窓から見た那須連峰               広い牧草地が広がっています。

西那須野塩原インターで降りバスは西へと進み,もみじ谷大橋を見学しました。

016 021

018 019

日本一の空中散歩ができる吊橋
塩原温泉の自然の美しさは新緑・紅葉・雪化粧…何をとっても日本一だと思いますが、この景色を眺めながら日本一の空中散歩ができるのが「もみじ谷大吊橋」。無補剛桁(むほごうけた)歩道吊橋としては、全長320mで全国随一!揺れを楽しみながら足もとを見れば、きらきらと光る水面、周囲はまさに360度の大パノラマ……渡るたびに違う味わいのある「もみじ谷大吊橋」は、魅力いっぱいの塩原の顔です。

024 025


もみじ谷周辺を散策してみました、紅葉がとてもきれいでしばし佇んで見ていました。

028 014


塩原温泉観光案内の看板も出ていました。

032 030


 塩原温泉街です。   旅館に着くや御食事ですがバス四台の団体さんで安いのであまり

 あっさり過ぎて正直がっかりでしたが・・・・・しょうがないですね。

二時間で食事したり、御風呂に入ったり、温泉から帰りながらの景観です。

034 041


塩原温泉からは川の渓谷に沿って泉質の異なる温泉が点在し、塩原11湯と言われています。滝を作り岩をぬって流れる川の渓谷美も素晴らしかったです。この川で釣りをして楽しんでる人も何人かいました。

033
やや終わり加減の紅葉でしたが、所々によっては綺麗な所もあり、ブナ ミジナラ アカヤシオ アスナロ トチノキ カエデ イロハモミジなどの紅葉をみて、満喫した1日でした。


























会津鶴ヶ城へ

      早いもので11月3日 今日は文化の日ですね。

       今年のカレンダーもあとわずか2枚となり、寂しくもなりつついあります。

     10月24日に会津方面に行った続きを載せたいと思います。

          八重の桜で有名になった会津 紅葉はどうでしょうか maple

013

     鶴ヶ城の外堀ですが紅葉はちょっと早い感じですが、湖面に写しだされた木々は

     秋を感じさせてくれますね。

004_2 005

006 007

010 008

まず街かどで出あえるハンサムウーマン  この日は特別に案内を頼んでおきました。

若い方の案内で、まず鶴ヶ城へと向かいました。

新島八重の銅像やその説明などの看板があちこちにありました。

012 015


お城が見えてきました、ここで写真を撮りましょう・

017 025

若松城(わかまつじょう)は、福島県会津若松市追手町1-1にあった城である。地元では 一般的に鶴ヶ城(つるがじょう)といい、地元以外では会津若松城と呼ばれることも多い。 文献史上では黒川城(くろかわじょう)、会津城とされることもある。

018_6

024_2
鶴ヶ城を出てからは八重の桜で有名なドラマ館を見学しました。

026 027


  写真 撮影は禁止でした。 

帰りに見た磐梯山ですが。雲が少し掛かっていました。何年か前この磐梯山に二回登った経験があり、懐かしくあの当時を思い出しました。

002


  公民館主催の婦人学級の会津の旅 皆さんとお話が出来、有意義な一日を過ごしました




























磐梯高原の紅葉

      24日(木) 長く降っていた雨もやみ、秋日和のこの日 会津方面とバスは走る。

            婦人学級の行事の一つとして年1回 日帰り旅行が企画されている。

  八重の桜で今年は有名になった会津方面に決まった。

               バスの都合で学級生22名 それに公民館長 事務員さんの総計

               24名 どんな旅が出来るか? 楽しみでもあった。

         会津鶴ヶ城 大河ドラマ館なども見学したが、今回は桧原湖の紅葉を

         見ていただきたいと思います。

051

                   湖面に映ってる紅葉は見事でした

042_2 054_2


   磐梯高原にある桧原湖です。 赤 黄 緑と色とりどりの木々が今年の暑さに耐えて

   綺麗に醸し出しています。

048_5 041



磐梯山の噴火でできた湖です。裏磐梯で最も大きく、唯一周遊道路があり、車で1週することもできます。周囲には遊覧船・探勝路・キャンプ場などもあり、裏磐梯観光の拠点となっています。グリーンシーズンのバスフィッシング、冬場のワカサギ穴釣りなどが盛んに行われます。気軽に楽しめる桧原湖探勝路には、裏磐梯唯一の吊り橋があり、そこからは、開放的な光景が広がり、深く切れ込んだ入り江と湖上に浮かぶ小島が一望できます。北岸付近には2009年NHK大河ドラマ「天地人」の舞台にもなった会津米沢街道があり、一部は桧原湖底に沈んでいます

045_2 053


  散策してる方も大勢いました。     磐梯高原駅もあってバスを利用する人もいます。

041_2 047

バスの中からはゴールドラインの紅葉が余りにも綺麗で、未だに目に焼き付いています。

007701s1
美味しいランチをいただきました。会津市内にある田事割烹やさんです。

028 035


 お泊まりもできるところでわっぱ飯も有名です。

032 033


       さけのわっぱめし               ぜんまいのわっぱめし

035_2

030
障子には墨で書いた字が書いてあり珍しかったです。

         囲炉裏ばたもあり、古民家の風情があちこちに飾られていて落ち着いた

         食事ができました。お料理はもちろん美味しかったです。

次回は鶴ヶ城 等を載せたいと思います。














川越の旅  ~視察研修~

           東北地方もようやく梅雨明けしました。でも はっきりしない天候です。

             7月中旬になりますが、地区の婦人会の研修旅行が今年は

             埼玉県の川越市でした。小江戸 川越と言われてますが、どんな

             所なんでしょう?地元の公民館を7時に出発しバスは東北道を

             東京方面へと走りました。4時間半の長旅です。

009 022

  岩槻ICからR16を通り川越市に着きました。バスはまつり会館の所に止めて見学です。

011_2 020
  

024_3

     川越の土蔵作りの街並が「重要伝統的建造物保存地区」になっています。

023_2 024_4 018

     平成19年には美しい日本の歴史的風土100選に選定されました。

010_2 019 037

昭和初期の70軒とまでは行かないまでも、今も20数軒の店舗が重なり合う菓子や横丁が

あります。特に川越イモのお菓子が有名で皆さんいっぱい買っていました。

013 016

            有名な時の鐘
寛永の創建からおよそ390年にわたって美しい音色で 「時」 を告げてきた川越のシンボル

です。現在のものは4代目と言われ、1日に4回鐘の音を響かせています。

003 005 007

           川越まつり会館の中です。

本物の祭りは見られなかったんですが、中には山車が飾ってあり、祭りの様子を映像で

じっくり見ることが出来ました。

次に向かったのは川越大師 喜多院です。

026 030


ここは歴史は古く仙芳仙人の故事によると奈良時代にまでさかのぼると言われています。

029

        クリックすると少しは大きくなると思います。

028_2 032


     喜多院本堂                             多宝塔

033 035


    茶店を通った奥に五百羅漢がありました。この羅漢は天明二年~文政八年にかけて

約50年かけて建立されたそうです。538の菩薩が鎮座しています。

お昼は川越プリンスホテルでの食事でした。

001
    婦人会員は200名近くいるんですが

 参加者は31名でした。

 バスの中ではそれぞれの友達と話が弾み

 久しぶりの日帰り旅に満喫した1日でした。

 帰りも4時間半かけて家路に着きました。

 雨もところどころ降りましたが、幸いにも見学

 する時は雨にもあわず良かったです。

     

わが街  ~ つつこ引き祭 ~

       3月3日 毎年 3月の第1週目日曜日に伊達市の厳島神社(弁天様)において

     寒風の中 裸の男たちが勇壮につつこを引きあうつつこ引き祭りがおこなわれます。

     江戸時代中期から商売繁盛 五穀豊穣 無病息災 を祈る祭りです。

025 014


005 004

          境内の中にいろんな神様が祀られているようです。

003 002 008


012 015


境内の中と外にはお店屋さんがいっぱい出てまして、たこ焼き 鯛やきなど売れてました。

290年の伝統をもつ 奇祭つつこ引き祭りは、町内の4丁目交差点を中心に繰り広げ大勢の

見物客で賑わっています。

016 018


      四丁目交差点から神社に向かってくるところで、市長 議員さん達も参加してます。

020 021

023 022

はち巻きに下帯姿の若衆が花火の合図とともに1.5m 長さ2,5m 重さ800キロをこす大つつこ

(俵)を担ぎ神社から目抜き通りを練り歩きます。ふかした米を入れてあるので、帰る頃には

餅になっています。この餅を食べると縁起がいいそうです。

030 032

011

  ここの神社は私の家から5分くらいのところにあり、どこに行くにも必ず通ります。近くても

  この日はびわ湖マラソンと時間帯が同じなので余り見たことがなかったのですが、昨年

  始めてみまして、地元にも素晴らしい祭りがある事を知り、今年も行って見ました。

  お天気にも恵まれ良かったです。





























道南旅行(札幌 ~小樽)   ③


     今日は3日目です。ホテルを8時15分出発 札幌市内を車窓から見学です。

         ホテルを出てすぐに市電が走ってました。

P1080650 P1080651 P1080653

  市内を走る市電            テレビ塔                北海道庁

P1080652 P1080656

        有名な時計台               ポブラ並木

札幌はテレビ塔を中心に市の東西南北に分かれています。大通公園は雪まつりが開催され

何年か前の2月に仙台港から船に乗って観に来たことがあります。(その当時友達が転勤で

札幌に来ていたので、雪まつりを案内してもらいました。)大通公園は花壇 噴水 彫像や

記念碑などさまざまな施設があります。公園には92種類4,700本の木々が植えられており

ます。(ライラック ハマナス ケヤキなど・・・)

また イベント会場としてライラックまつり よさこいソーランまつりなどが開催されています。

札幌市外市場で買い物した後は白い恋人パークに着きました。

P1080658 P1080657

ドイツにでも来たようなそんな雰囲気の建物で、からくり時計もあり音楽のなる時間まで庭を

散策しました。きれいに整頓されたお庭 草1本もないバラ園 子供の遊ぶ電車 まるで夢の

世界にいるようです。10時きっちりとからくり時計は動きだしました。

P1080662_3 P1080665


 音楽が鳴り出すと動物たちが踊りだしました。コックさんも踊りいろんな楽隊もいろんな曲

 でもてなしです。どこからかシャボン玉がきれいに空に羽ばたいています。

P1080666_2 P1080665_2

からくり時計を観賞した後は工場内を見学し、銘菓「白い恋人」を試食 買い物をして

バスに乗り、最後の観光地小樽へバスは走りました。

P1080667_3 P1080668


    小樽運河 倉庫に巻き付いた蔦紅葉 紅葉してましたよ!河の水も穏やかに静かに

    流れていました。ここは観光客も大ぜい来ていました。

P1080669_2 P1080671


 ここでは時間が無く写真は撮らずで残念です。 昼のお寿司ですー

P1080675 P1080676 P1080678



小樽市内の北一硝子 小樽オルゴール堂  銘菓子店など自由に見てあるきました。

小樽より千歳空港に向かい5時30分の飛行機で福島空港に飛び立ちました。

福島空港には7時到着 それより地元のバスで我が故郷へ 家に着いたのは夜の10時

でした。充実した2泊3日の道南旅行でした。これで終わりです。

   最後までありがとうございました。


道南旅行(大沼公園 ~洞爺湖)  ②

            P1080620

    今日は2日目です。

          昨夜は函館の夜景を眺め、それより湯の川温泉の平成館に泊まりゆっくりと

          夕食をいただき、旅の疲れに大きなお風呂にしたり、お喋りしながらうとうとと

          いつの間にか寝てしまいました。

 8時出発 leftright大沼公園の紅葉ははどうでしょうか?

       P1080619_2                 大沼公園


P1080611 P1080614


1日目に泊まったお宿です。大沼公園に行く前に函館駅前の朝市によってみなさんはお魚

を自宅に送った方もいらっしゃいます。次は北海道昆布館(ドームシアター)によって、お茶

昆布のお料理の試食などを味わいました。

お天気が良くバスが進むごとく、綺麗な紅葉が目についてきました。

P1080618 P1080617_2



大沼公園は函館に近い北海道の大リゾートで3つの湖(大沼湖 小沼湖 じゅんさい湖)と

駒ヶ岳を抱く大沼自然公園です。ボートも出てたんですが、時間が無いのでやめました。

バスは洞爺湖を目指して走りました。 bus

P1080634 P1080632


  洞爺湖は数万年前の大噴火によってできた周囲およそ36.5kmのカルデラ湖。
中央には大島、観音島、弁天島、饅頭島の中島が浮かんでいます。
エゾ鹿が生息している大島には森林博物館があり、
そこに遊覧船が往復しています。

         サイロ展望台まで登り、ここで食事をしました。

                 P1080629_5


      ここの食事処は福島の猪苗代の方が経営してるということで、懐かしさのせいか

     皆さんと話が弾んでいました。4人にひとつの鍋に海鮮 野菜物がいっぱい入って

     煮込んであり、美味しくいただきました。

 

  食事がおわり高台から洞爺湖を眺め、バスは昭和新山へと出発しました。

P1080637 P1080636


    昭和新山です  紅葉がみごとにきれいでした。 友達4人でハイ パチリ!

P1080641_2 P1080638_2


            
                昭和新山のまわりです

P1080642_2

昭和新山を後にしてこれより札幌市の今日のお宿にバスは走り続けました。右は海をながめ

左は山々の紅葉を眺め、バスの右下には室蘭 苫小牧 伊達市(私の住んでる市 地名が同じなんですよ)

長い時間バスに揺られて大都会札幌がみえてきました。みなさんここにきて疲れ(*^_^*)です


今夜の泊まるホテルは札幌東急インです。 バスから降りたら私にお客さんが見えていました。さて、  初めてお会いする方なんですよ。

ブログにいつもコメントをいただいてる小樽のhiroさんが来て下さったんです。

まずは驚きでした。友達もお上品な方ね・・と言ってました。

団体旅行でしたので、あまりお話できずそれだけが心残りです。今度は福島に来ていただきたいと思います。とてもうれしかったです。

そんな2日目でした。   次は札幌 小樽を載せたいと思います。

P1080648



左がホテルです。

P1080629_3


P1080629_2

一の坊の露天風呂 お料理

          作並温泉に着き部屋に案内されて落ち着いた後はお風呂です。

           鍵も2個ありますので、時間を気にせず入る事になりました。

              まず楽しみにしていた露天風呂に spa 

024
025 028


      3つの源泉 7つのお風呂があり、広瀬川源流のupwardright 露天風呂です。

023 022

   のぞき湯はびくびくしながらドアを開き、階段をずーと降りていきました。

   そこは森林が生い茂り、季節によって可愛い動物たちがくるそうです。

   写真を撮るのには抵抗がありました。

029_2 

  露天風呂の他にも大浴場があり「丸子の湯」は

 

  大きく何人も入ってたので、撮ることはできません

  でした。

 

  055



             upwardright  は雲綿暖炉で世界で活躍した木村英輝氏の作品とのことです。

         パラソルな独特の世界を表現する注目をあびる東北初となるアートです。

         ここでトウモロコシ お餅などを焼いて食べることが出来ます。

     さてお食事になりました。

 037 039


    今日の食事はバイキングでした。月替わりの季節料理 アツアツ料理を目の前で

    作っていました。飲み物は別料金です。けっこう口に入るものですね。

040_3 041 042


 甘くて美味しいのも食べてしまいました。

048 045_3 046_4


   068 062
 

  仙台市天文台 upwardright

 27日~28日にかけての夫婦水入らずのミニ旅行でした。美味しい料理を食べて

 露天風呂につかり誰にも気兼ねなしで、帰りは仙台市の天文台によって月 星を眺め

 

 まあまあの老夫婦の思い出の旅に満足でした。

















 





作並温泉(一の坊へ) 

                このところ猛暑日が続いている福島です。

         涼しさを求めて温泉でのんびりしよう!と決まり早速宿探しです。

              宮城県の作並温泉 私たちにとって高級旅館でしたが

                部屋が空いてとのこと車を走らせました。  car

 006 002_2


         我が家から一番近い東北道の国見インターから高速に上がりました。

010_2 013_3


  お昼をとるため菅生サーブスエリアで休憩をしました。ここは山形道にも行けるところで

  もう少し行けば仙台空港 にも行けます。主人にとって慣れている道路です。

015_2 016



   
    車は宮城インターで降りましてい西へと進み作並温泉に直行です。途中左に行くと

    秋保温泉に行けます。右に曲がると定義さんに行けます。

017_2 019_4

   作並温泉で有名なこけしが見えてきました。この並木を過ぎるともうすぐです。

 059_2 035


  二時間たらずでホテルに着きました。  フロントで手続きをし、部屋に案内されました。

 部屋の鍵は二個渡され、好きな時に風呂 ロビ―など自由になれるので良いですね。

 

 

  033 031


     3時になると無料でコーヒー おまんじゅう トウモロコシなどいただけるんですよ。

    そしてマッサージ機をしたり、プールにはいったり、周りの景色を眺めながら心を和ら

    げるひと時を過ごすことが出来ます。

 

 030 053

         館内には工夫をこらしてお花 油絵など飾ってありました。

 051_2 052_4


    8月6.7.8日は仙台の七夕まつりです。窓際に笹の葉っぱに七夕さんが飾ってあり      

    ました。画像が入りにくくなったので、次にお料理と露天風呂を載せたいと思います。













017


019_3



019_2



019


  











 






より以前の記事一覧

その他のカテゴリー